一般道での安全運転講座を無料公開!運転技術と運転心理を理解することで車の運転が上達

雨の日の車の運転の注意点

スポンサードリンク

雨の日の車の運転の注意点

雨の日の車の運転では、視界が悪くなります。窓ガラスに雨粒がつくと非常に視界が悪くなりますので、ワイパーを早く使うことで見やすくすることが大切です。その時の雨量に応じてワイパーの早さを合わせることです。

そして、雨の日は路面が滑りやすくなっています。スリップしやすいので、普段よりはブレーキを早めに踏むことが大事です。そして、急ブレーキは踏まないことです。そういう意味では、「急」の付く運転は雨の日にはよろしくない運転です。もちろん、急ハンドルや急加速も良くないですし危ないので、雨の日は「急」の付く運転はしないことです。

路面が滑りやすくなっているということは、ハイドロプレーニングなどの現象が起きる可能性があるので十分注意して走行してください。晴れの時よりは、速度を落とすことです。さらに雨の日は薄暗い感じでしょうし、ライトを点灯するのも有効です。相手にも自分の存在がわかりますし、自分も見やすくなりますので。

交差点などでも歩行者が見えづらいこともありますので、左右をしっかり確認しながら曲がることです。とにかく視界が悪いので、スピードを落として走ることで視界を確保するということが大切です。

雨の日の車の運転についての補足説明

雨の日の運転は注意が必要です。雨の量にも左右されるので、よく状況を見極めて運転しましょう。雨の量によって、水溜りができたりして滑りやすい状況になることがあります。水溜りに乗るとタイヤが浮いた状態になりグリップを失うハイドロプレーニング又はアクアプレーニング現象とも言いますが、これは本当に危険です。ハイドロプレーニングになってしまったら、どうすることもできないのでただ待つだけです。

雨の日こそ、丁寧に運転することが必要です。水溜りがあるかもしれないし、路面は滑りやすいし、急ブレーキを踏んでも止まり難い状態です。アクセルは踏み込み過ぎず優しく、ブレーキは早めに優しく、ハンドルもゆっくり切り過ぎずといった感じに丁寧に優しい運転をしましょう。

雨の日は視界が悪いので、スピードは出しすぎないように常に先を予測して運転しましょう。

 

車の運転心理7日間無料動画講座のご視聴

車の運転心理7日間無料動画講座はこちら

 

スポンサードリンク





一般道での安全運転無料講座

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

麻生裕二プロフィール

無料動画講座

スポンサードリンク

カー用品はネットで簡単購入!

関係サイト

サーキット走行に役立つ情報

イタリア自由旅情報

PAGETOP
Copyright © 車の運転に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.