一般道での安全運転講座を無料公開!運転技術と運転心理を理解することで車の運転が上達

車の運転中の予測

スポンサードリンク

車の運転中の予測

車の運転中の予測ということで、車を運転している時というのは、いつ何が起こるかわかりません。走行中もしかしたら、人が出てくるかもしれないですし、車が出てくるかもしれません。ですので、私たちは常に予測をしながら車を運転しなければいけません。信号や横断歩道、狭い道などでも、「人が出てくるかも」「車が出てくるかも」というような常に予測をして運転する必要があります。

さらには、車の動きも予測しなくてはいけません。自分の運転によって車がどんな動きをするのかも予測しなくてはいけません。予測をするというのは大変ではありますが、事故を起こさないためにも危険予知危険予測をしながら車を運転していく必要があります。

車の運転中の予測についての補足説明

自動車の運転で大事なのは予測することです。信号でブレーキを踏む際も、もうすぐ信号が赤になるなとか、横断歩道などでは人が出てくるかもなとか、カーブに入る手前ではこのぐらい速度を落とせばいいかなとか、路面が荒れたところでは滑りやすいかもなど、その時の状況に応じて予測をしてブレーキを使うと良いでしょう。

あと、周りの車がどんな動きをするかわからないということは常に頭に入れておくことです。もしこの車がこんな動きをしたらなんてことを考えてブレーキを踏む準備をしたりしましょう。いきなりバイクが出てくることもあるかもしれません。予測しブレーキを踏む準備を常にしておくことです。

ちなみに、交通教本によると、やはり危険を予測する能力を高める必要があるそうです。見えないことは存在しないことではないということで、かもしれない運転をする必要があるそうです。さらには、危険予測のテクニックとして、情報の的確なキャッチ存在の察知相手の動きの予測などが重要だそうです。

そして、死角も予測する必要があるそうです。自動車構造上の死角駐停車の死角(両側に駐停車車両がある場合、連続して駐停車車両がある場合、幼児などに対する注意)交差点での死角カーブが作る死角などには注意が必要です。

 

車の運転心理7日間無料動画講座のご視聴

車の運転心理7日間無料動画講座はこちら

 

スポンサードリンク





一般道での安全運転無料講座

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

麻生裕二プロフィール

無料動画講座

スポンサードリンク

カー用品はネットで簡単購入!

関係サイト

サーキット走行に役立つ情報

イタリア自由旅情報

PAGETOP
Copyright © 車の運転に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.