一般道での安全運転講座を無料公開!運転技術と運転心理を理解することで車の運転が上達

車の運転の際は余裕を持つことも大事

スポンサードリンク

その時々の交通状況に合わせて車を運転

この車社会においては、色々な交通状況というものがあります。車がたくさん走っていれば混雑する状況にもなりますし、雨や風、雪といった天候状況によって交通が混乱することもあります。さらには、年末になると工事が増え渋滞することもありますし、災害のような緊急事態もあります。さらには、緊急車両が通ることもあります。

このような状況状況に合わせて、責任を持って車を運転していくことが大切です。なので、混雑している時でもイライラせずにゆとりを持って走ることが大事ですし、譲り合いの精神で走ることも大切です。ですので、その時の状況に合わせて臨機応変に車を運転することが我々には求められます。

車の運転の際は余裕を持つことも大事

車の運転の際は、時には余裕を持って運転することも大切です。車を運転している時に、緊張ばかりだと疲れてしまいます。そういう意味では、力ばかりが入りすぎても駄目だと思います。とはいえ、リラックスばかりだとそれはそれで駄目です。あまりダラ〜っと運転していると、それはそれで緊張感がなくなってしまい危険です。

ということで、緊張しながらもある程度リラックスした状態が必要だと思います。そして、咄嗟の事柄にも対処できるように車間を開けておくことで余裕を持って走ることができます。ですので、常に安全に対して余裕を保てるような運転をしてほしいと思います。

車の運転の際の余裕を持つことについての補足説明

自動車の運転には、結構心理が影響することが多いです。余裕がなくなると暴走したり、あおられると車の挙動を乱したりということがあります。やはり自動車の運転に自信がないと、余裕が持てないこともあると思います。

自動車に乗って緊張する人は、深呼吸してから周りを見渡してゆっくりスタートしましょう。ハンドルを握る時も、力を入れすぎず楽にして持つようにしましょう。力を入れすぎると、ハンドル操作を誤る恐れがあります。運転中も適度のリラックスを心がけましょう。

高速道路では基本的に右車線は追い越し車線なので、速い車が優先です。なのでゆっくり左車線を走行していれば、あおられる心配はないでしょう。慣れてきたら徐々に速度を上げ、追い越し車線も使用するようにすれば良いのです。

まずは焦らず、たまには片手をハンドルから離すなどしてリラックスしましょう。そして、周りを見て深呼吸をしてリラックスしましょう。

 

車の運転心理7日間無料動画講座のご視聴

車の運転心理7日間無料動画講座はこちら

 

スポンサードリンク





一般道での安全運転無料講座

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

麻生裕二プロフィール

無料動画講座

スポンサードリンク

カー用品はネットで簡単購入!

関係サイト

サーキット走行に役立つ情報

イタリア自由旅情報

PAGETOP
Copyright © 車の運転に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.