一般道での安全運転講座を無料公開!運転技術と運転心理を理解することで車の運転が上達

交差点での運転の注意点

スポンサードリンク

交差点での運転の注意点

交差点での運転の注意点ですが、交差点には右折と左折があります。交差点でも勿論目線には注意を払うことが大切です。あらゆる方向から車やバイクが出てくる可能性がありますし、死角もあります。

左折の際は「巻き込み注意」とよく言いますが、バイクが自分の車体の左真横にいると視界が遮られます。それがいわゆる死角です。そういった場所ではしっかりミラーを見つつ実際に目視で確認しながら左折しましょう。

また、左のサイドミラーにはどうしても映らない部分もあります。例えばバイクや自転車がすり抜ける場合ですが、バイクや自転車の運転手の中には左折する車の存在に無意識でいる人もいます。そこはやはり車のドライバーが意識をする必要があります。

そして車体の左真横についてはサイドミラーの死角になりますので、目視でしっかり安全を確認した上で左折しましょう。左折する際は焦らないことが大切です。歩行者が道路を横断している場合は、横断しきってから曲がります。特に自分の車の横側から道路を横断しようとしている歩行者や自転車の存在には注意が必要です。安全が充分確認できたうえで交差点を曲がりきったら、アクセルを踏んで直進していきましょう。

さて、右折の場合は対向車が往来する中で行うものですので、対向車に注意を払いながら走ることが必要になります。「サンキュー事故」という言葉がありますが、対向車が譲ってくれたものと思って進行したら、その対向車の脇から出てきたバイクにぶつかってしまう、なんてこともあります。右折に入る際はしっかりとタイミングをうかがい、とにかく焦らないことです。対向車が来る間隔が空くから行ってしまえという気持ちで早合点で右折してぶつかってしまう可能性もあります。

矢印式信号機のある交差点では、右折の矢印が出るまで待ってもいいくらい焦らないことです。右折する際は対向車、対向車の脇をすり抜けてくるバイクや自転車、そして横断歩道を渡っている歩行者に注意を払います。曲がるときにアクセルを思い切り踏み込むことは危険ですのでやめましょう。

交差点での右左折には危険がたくさん潜んでいますので、焦らないこと、また危険ポイントを全て抑え、安全を確認した上で曲がるということが大切です。

交差点での運転についての補足説明

事故が起こりやすい交差点。交差点では、前方と曲がりたい方向をよく見ることです。例えば左に曲がる際は、バイクなどを巻き込む危険性があるのでミラーで確認し、曲がる際に歩行者と自転車がいないか確認をします。

右に曲がる際は、まず前方から来る自動車に注意します。続いて、右の横断歩道などを見て歩行者や自転車などがいないか確認して曲がります。前から来る自動車が譲ってくれるパターンがあります。この時注意したいのは、その自動車の脇からバイクが現れることです。脇から来るバイクにも注意しながらゆっくり曲がりましょう。

交差点では、よく周りを見てからゆっくり曲がりましょう。右に曲がる際などは、後ろから来る自動車のプレッシャーを受ける人もいるかと思います。はっきり言って気にする必要は全くありません。

自分のペースで曲がるようにしましょう。自転車は突然現れるので注意が必要です。基本は落ち着いて、ゆっくり、よく周りを見ることです。

 

車の運転心理7日間無料動画講座のご視聴

車の運転心理7日間無料動画講座はこちら

 

スポンサードリンク





一般道での安全運転無料講座

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

麻生裕二プロフィール

無料動画講座

スポンサードリンク

カー用品はネットで簡単購入!

関係サイト

サーキット走行に役立つ情報

イタリア自由旅情報

PAGETOP
Copyright © 車の運転に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.