一般道での安全運転講座を無料公開!運転技術と運転心理を理解することで車の運転が上達

車の運転で必要な判断力

なぜ車の運転には判断力が必要なのか?

なぜ、車の運転では判断力が必要なのでしょうか?
それは、やはり危険を避けるためだと思います。誰だって事故を起こしたくないですし、危険な目には遭いたくないものです。その危険を避けるために、車の運転では正しい判断力が必要になるのです。

では、車の運転で判断力が必要になる場面とは、どんなことがあるでしょうか?
例えば、
・交差点での右折時
・交差点での左折時
・直進時に信号が変わる時
・車線変更時
・カーブ走行時
・駐車時
・大きい道路に出る時

など、挙げれば結構あるものです。

このような時に判断力が必要になるのですが、このような場面で判断力が鈍る要因として挙げられるのが、迷いです。迷うことで一瞬判断が遅れ、事故につながるケースも多くあります。行くか行かないのかといったちょっとした判断力の差が事故を生むこともあります。

どんな判断力が必要なのか?

例で挙げたシチュエーションでは、どんな判断力が必要なのでしょうか?

「交差点での右折時」であれば、対向車の来るタイミングを判断しながら右折する必要があります。ここで必要な判断としては、急がないという判断をすることです。急いで行こうという判断をすると対向車の接近速度を見誤り衝突する可能性があります。そして、対向車の死角になってバイクや自転車、歩行者がいる可能性がありますので、右折時は急いで行くという判断をしないことです。

「交差点での左折時」も同様急いで行かない判断をすることです。急いで左折しようとすれば、バイクや自転車、歩行者を巻き込んでしまう恐れがあります。

「直進時に信号が変わる時」の判断は非常に難しいと思います。信号が黄色から赤に変わる際などに速度が出ていると止まりきれない場合もあります。この時は、判断を間違えば対向車が曲がってくる可能性があり衝突する可能性があります。遠くから信号を見て、変わるタイミングを判断しながら走行することが必要です。

「車線変更時」の判断も間違えば事故につながります。やはり車の運転では、なかなか相手の動きや考えていることは理解できません。車線変更の時も譲ってくれるのかどうかはわからないものです。ですので、いきなり車線変更をするのではなく、徐々に車線変更をしていくことで車線変更するという意思を伝える必要があります。

「カーブ走行時」はスピードの判断が必要になります。山道などもそうですが、そのカーブをちゃんと曲がれるスピードかどうかを判断する必要があります。カーブで判断を誤れば、スピードの出し過ぎで飛び出してしまう可能性があります。

「駐車時」の判断は、その駐車スペースにちゃんと入れられるかどうか、瞬時に判断しなければいけません。これは、自分の運転能力も含め判断しなければいけません。

「大きい道路に出る時」は、行くか行かないかの判断が重要です。行こうとして行かないという判断をすると中途半端になって相手も迷いますし、それによってぶつかってしまう可能性もあります。

正しい判断をするには

いずれにしても、全てのシチュエーションで言えることは、迷ったら行かないという判断が大事です。そして、動かないという判断も大事です。自分の運転能力も含めしっかりとした判断をすることが大切です。

そして、正しい判断をできるようにするには、広い視野を持つということです。広い視野を持てば、判断にも余裕が生まれますし、待つという判断もできるでしょう。判断の際に一番良くないことは、迷うことです。自分が迷えば相手にも影響が出てきます。

しっかり正しい判断をできるように、スピードを出しすぎないことも大切です。スピードを落とせば視野も広がります。スピードを落とせば、信号が変わる際も止まることが可能かもしれません。車の運転では、できるだけ判断を誤らないように気をつけてください。

 

車の運転心理7日間無料動画講座はこちら
 

スポンサードリンク





車の運転が上手くなるコツ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

麻生裕二プロフィール

無料動画講座

スポンサードリンク

カー用品はネットで簡単購入!

関係サイト

サーキット走行に役立つ情報

イタリア自由旅情報

PAGETOP
Copyright © 車の運転に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.