一般道での安全運転講座を無料公開!運転技術と運転心理を理解することで車の運転が上達

車の運転での右左折の際の注意点

車の運転で交通事故が起きやすい右左折

車の運転で交通事故が起きやすいのは、右左折の時です。なぜ、交差点や曲がり角での右左折の際に交通事故が起こりやすいのでしょうか?

交差点での右折であれば、対向車が来る可能性がありますし、バイクや自転車が対向車に隠れて見えない可能性も考えられます。そして、右折しようとした時に歩行者がいる可能性もありますし、自転車が出てくる可能性もあります。

このように、右折では様々な交通事故が起こる可能性がありますので、常に冷静に想定しておくことが大切です。そして、左折では巻き込みによる交通事故の可能性があります。バイクや自転車は車の左脇をすり抜けてくる可能性があるからです。

そして、交差点などでの左折の際には、横断歩道を渡る歩行者や自転車に注意が必要です。歩行者や自転車は車の方に気をつけていない可能性があります。これは、車の方が気をつけるのが当然という考えがある人もいるからです。ですので、左折の際も十分に注意しながら左折してください。

右左折で注意すべき死角

右左折で注意しなければいけないのは死角です。左折であれば、すり抜けてきたバイクや自転車が真横にいると、ミラーでは見えない可能性があります。ですので、目視が必要になるわけです。左折の際は、まずすり抜けてくるバイクや自転車がいないか真横を目視してください。

そして、左折しかかったら、左右をしっかり確認し歩行者や自転車の有無を確認することです。特に、自転車は突然速いスピードで出てくる可能性があります。あと、左側の確認を見落としがちですので、しっかり注意をしてほしいと思います。このように、車のことを全く気にしていない人もいますので、焦らずしっかり確認をして歩行者や自転車が全くいなくなったら左折してほしいと思います。

続いて右折ですが、右折では対向車のスピードに注意することです。対向車が遠くに見えても、思っているよりも接近してくるのが早い可能性があります。ですので、距離感覚を誤らないこと、そして焦らないことです。さらには、対向車の死角になってバイクや自転車が見えない可能性もありますので、対向車が過ぎ去ってもすぐに右折せず、ちょっと間をおいてしっかり確認してから右折するようにしてください。

右折の際にさらに気をつけなければいけないのが、横断歩道を渡る歩行者や自転車です。ここでも、人や自転車が来ていないか左右をしっかり確認してください。特に、右側からの歩行者や自転車を見落としがちになりますので、忘れずに確認することです。

死角を知らない人たちもいる

これは、車を運転したことがある人じゃないとわからないことですが、車の運転では必ず死角が存在します。特に右左折の時にその死角が多く発生します。バイクや自転車、歩行者の中には、死角のことを知らない人達が多くいます。それは、車を運転したことがないからかもしれません。

バイクや自転車がすり抜けてくる時もそうですが、車の運転を知っていれば無理なすり抜けなどしてこないでしょう。このように、バイクや自転車を運転する人達の中には、車の運転手は自分が見えてると思って運転手に依存してしまう人も多くいますので、十分注意をしながら運転してほしいと思います。

さらに、右左折で気をつけないといけないのが内輪差です。内輪差とは、曲がる際に後輪が前輪よりも内側を通ることを言います。ですので、前輪が問題なく曲がり角を曲がれたとしても、後輪が曲がり角にぶつかる可能性があります。

車の運転をする人は、後輪にも気をつけながら曲がらなければなりません。そのためには、サイドミラーを活用して、ちゃんとぶつからないように曲がれているかを確認する必要があります。

 

車の運転心理7日間無料動画講座はこちら
 

スポンサードリンク





車の運転が上手くなるコツ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

麻生裕二プロフィール

無料動画講座

スポンサードリンク

カー用品はネットで簡単購入!

関係サイト

サーキット走行に役立つ情報

イタリア自由旅情報

PAGETOP
Copyright © 車の運転に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.