一般道での安全運転講座を無料公開!運転技術と運転心理を理解することで車の運転が上達

車の運転中に迷うこと

スポンサードリンク

車の運転中に迷うこと

あなたには運転中に迷うことがあるのではないでしょうか?

例えば、
・駐車場から出る際に車が微妙な距離に来ていて、出ようかどうか迷う
・右折の際に対向車線の車が微妙な距離に来ていて、行こうかどうか迷う
・車線変更をしようとしている時に微妙な距離に車がいて、行こうかどうか迷う
・信号が赤信号になりそうか微妙で、行こうかどうか迷う

といった例を挙げてみましが、運転中に迷うことは誰にでもあることです。これは運転が上手くなってもあることです。

これらの全てに共通することは、「微妙」であるということです。微妙な距離にいるというのは、これまた非常に微妙ですよね。

では、あなたはこの微妙な時にどうしますか?

車の運転で微妙な時に行ってしまったら

この行けそうか行けないかの微妙な時に、迷いが生じます。この迷いの時に行ってしまうと危険な状況になり事故が起きる可能性が非常に高いです。

例えば、
「駐車場から出る際に車が微妙な距離に来ていて、出ようかどうか迷う」時の事故としては、出てぶつかるということです。

「右折の際に対向車線の車が微妙な距離に来ていて、行こうかどうか迷う」時の事故としては、思いのほか対向車線の車の接近してくる速度が速くてぶつかるか、仮に対向車にはぶつからずに曲がれたとしても、曲がった先に横断歩道を渡っている人や自転車がいるかもしれません。結果、事故になる可能性があります。

「車線変更をしようとしている時に微妙な距離に車がいて、行こうかどうか迷う」時の事故としては、車線変更してぶつかるか、仮にぶつからなかったとしても、来ている車はスピードも出ていますので急ブレーキを踏んで挙動を乱して事故につながる可能性もあります。

「信号が赤信号になりそうな微妙な感じで、行こうかどうか迷う」時の事故としては、赤信号になってしまい、青信号で出てきた車とぶつかってしまうことが考えられます。もしくは、歩行者や自転車が出てくることも考えられます。

というように、このように迷った時に行ったらどうなるかを想定しておくことが重要です。

車の運転に迷いが生じたら

車の運転で迷いが生じたら、どうすればいいでしょうか?

答えは簡単です。

車の運転に関して言えば、迷ったら行かないことです。車での微妙な距離というのは、自分が思っている以上に近づいてくるのが早いということがあります。相手もまさか出てくるとは思っていないでしょう。ですので、そこらへんの判断をしっかりすることです。

迷ったら行かない!これが大事です。この行かないという強い判断、強いメンタルが事故を防ぐことにもなります。

そして、そのような迷っている車もいるということを想定して、ウィンカーなどを出していたらもしかしたら出てくるかもしれないと思い注意をすることが必要です。とにかく、最悪の想定をしておくことです。そうすれば、迷うことはありません。

車の運転というのは、たった1つの判断で事故になる可能性があります。ちなみに、例に出した内容の答えとしては、「行かない」ということです。急ぐことが事故を招く恐れがあります。車の運転では、急がないことも重要です。

 

車の運転心理7日間無料動画講座のご視聴

車の運転心理7日間無料動画講座はこちら

 

スポンサードリンク





車の運転と心理の関係性

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

麻生裕二プロフィール

無料動画講座

スポンサードリンク

カー用品はネットで簡単購入!

関係サイト

サーキット走行に役立つ情報

イタリア自由旅情報

PAGETOP
Copyright © 車の運転に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.