一般道での安全運転講座を無料公開!運転技術と運転心理を理解することで車の運転が上達

車の運転中ぞっとしたこと

スポンサードリンク

車の運転中ぞっとしたこと

あなたは運転中ぞっとしたことがありますか?

例えば、
・運転中、前の車が突然どいたら目の前に障害物が現れてぞっとした
・右折しようとしたら自転車や歩行者が出てきてぞっとした
・急にブレーキが効かなくなってぞっとした
・運転中いきなり動物が出てきてぞっとした

などなど、挙げれば色々とあると思います。これは、ほんの一例ですが、運転中にぞっとした経験は人それぞれ違うと思います。私も実際、このような経験をしてぞっとしたことが何度かあります。

ただ、運転中ぞっとしたことの中には、おそらくぞっとせずに済んだであろうものもあるかと思います。これは、事前に注意しておけば防げたということです。

事前に対処できたかも

事前に対処する方法としては、例えば、
「運転中、前の車が突然どいたら目の前に障害物が現れてぞっとした」という経験であれば、おそらく前の車との車間距離を開けておけば、突然障害物が現れても対処できたかもしれません。要は、車間距離の詰めすぎで、障害物に気づくのに遅れたというパターンです。これは、よくあるシチュエーションだと思います。

「右折したら自転車や歩行者が出てきてぞっとした」という経験であれば、焦らずしっかり見ていれば対処できたかもしれません。右折で急ぐとこのようなぞっとする経験に遭遇します。これは、結局早く右折しようしようという焦りから、このような現象になっていると思います。ですので、落ち着いてしっかり確認をしてから右折するようにしましょう。

「急にブレーキが効かなくなってぞっとした」という経験ですが、これは一般道ではあまりない経験かと思います。あるとすれば、教習所で習ったと思いますが、坂道でブレーキを使いすぎてフェード現象が出てブレーキが効かなくなるということがあります。私はサーキットで実際にこのフェード現象を何度か体験したことがあります。ブレーキを踏んでもブレーキペダルが奥までスカッといってしまい、ブレーキが効かない状態です。本当にブレーキがスカスカで効かずに止まらないのでぞっとします。サーキットは別として、坂道でのブレーキの使いすぎは要注意です。エンジンブレーキを多用しましょう。

「運転中いきなり動物が出てきてぞっとした」という経験ですが、これを対処するのは難しいです。動物ばかりは、どういう動きをするか全く読めません。実際、猫は突然出てくることがあります。私の経験で言えば、富士スピードウェイ内の移動路で鹿を見たことがありました。これには、ぞっとしました。しかも、目が合った感じがしたのですが・・・でも、コース内じゃなくて良かったと思いました。よく、山道を走っていると鹿に注意するような看板もあります。その看板のある辺りは、注意が必要だと思います。鹿などがぶつかると、ボンネットがへこみますので。

予測という心がけ

他にもあるのですが、最近は逆走してくる車もよくあります。これは、高齢化による傾向もあるかと思います。これもぞっとしますよね。私も何回かこういう経験があります。そんなにスピードが出ていなかったので対処できましたが、高速道路だとほぼぶつかると思います。ということで、あなた自身も高速道路に入る際に逆走しないように間違えないでほしいと思います。

ということで、運転中ぞっとする体験の中には、対処できるものとできないものがあります。ですので、できるだけ予測して対処するように心がけましょう。そういった心がけだけで、無駄な事故を防いでいくことができます。

そして、運転中にぞっとした経験をしたのであれば、そこから学び、次はそうならないように注意して運転しましょう。

 

車の運転心理7日間無料動画講座のご視聴

車の運転心理7日間無料動画講座はこちら

 

スポンサードリンク





車の運転と心理の関係性

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

麻生裕二プロフィール

無料動画講座

スポンサードリンク

カー用品はネットで簡単購入!

関係サイト

サーキット走行に役立つ情報

イタリア自由旅情報

PAGETOP
Copyright © 車の運転に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.